人を幸せにする人になろう

播磨見学会(4)龍子三ツ塚

◆大昔に(高校生の頃?浪人中?)、南側から直登して行きついたことがあった。大手前が 掘っている時は、どこから登っていたのでしょうか。どこからアクセスするのがよいのか、調べてもわからないまま、現地へ。養久山との切通を北に抜けきらないあたりから登り、無事、たどりつくことができた(石山古墳よりましだった)。
◆岩盤風化の赤い礫的地山の墳丘がほぼむき出しで、ブルーシートも朽ち果て、傷みを感じざるを得ない状況でした。養久山1よりちょっと大きくなったのかな。前方部のあたりで、土器片を見つけました。

プラグイン

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
2
5 6 8
10 12 15 16
17 19 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
雲楽
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/03/22
職業:
大学教員
自己紹介:
兵庫県加古川市生まれ。高校時代に考古学を志す。京都大学に学び、その後、奈良国立文化財研究所勤務。文化庁記念物課を経て、現在、大阪の大学教員やってます。血液型A型。大阪府柏原市在住。

バーコード

ブログ内検索