人を幸せにする人になろう

新年度となり

◆若狭・丹後から帰ってきて、31日・1日(土日)、2日以降、ず~と伏見城の仕事をしている。 時々、大歴の仕事、『市大日本史』の仕事、陵墓の仕事をしつつ。が、4・5日はそれどころでないことになり、それでも7日やってきたが、第3章の第3節周辺部北辺をなんとか終えたところまで。
◆4月2日は市大ウォーク、とやら。今年から、すみよし歴史案内人の会のみなさんが、班に分けて大学近辺を案内する企画が加わり、そのつきそい。文学研究科の地域貢献推進委員になったもんで、仕事がまわってきた。計2時間ほど拘束される。
◆1号館、五代像、接収時代の訓示台、そこから外へ出て、あびなんナンミュージアム、地下鉄車庫跡、などをめぐる。あびなんは、安孫子南中学校の発掘で、ナウマンゾウの足跡が出て、中学校のホールに立派な剥ぎ取りが飾られ、別に展示室もある。恥ずかしながら初めて。思った以上に立派でした。展示室には、山之内遺跡の弥生はもちろんだが、古墳時代の資料もあり、鞴の羽口などもあり、また我孫子鋳物師の鋳型も展示されていました。ケースごと、うちに欲しいところです。

プラグイン

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
9 11 12 14
15 16 17 18 20 21
23 26 27 28
29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
雲楽
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/03/22
職業:
大学教員
自己紹介:
兵庫県加古川市生まれ。高校時代に考古学を志す。京都大学に学び、その後、奈良国立文化財研究所勤務。文化庁記念物課を経て、現在、大阪の大学教員やってます。血液型A型。大阪府柏原市在住。

バーコード

ブログ内検索