人を幸せにする人になろう

大阪歴史学会の現地見学検討会

◆チラシが上がってきましたので、宣伝しておきます。

自分のメモとして

◆整理できていないこと。
◆久津川車塚古墳の本報告にむけての対処。
◆終末期古墳の石室・石槨計測の予定策定。
◆18日の研究会のまとめと指示。
◆大学ミュージアムの理事長・副理事長との面談の様子のまとめ。
◆20日教室会議・教授会のなかで対処すべきことへの対応。
◆23日の大歴委員会で決まった対処すべきことの対応(とくに個人報告とポスター作製)。
◆25日の博学会議のなかで出た自分の対処すべきことの対応。

会議

◆8:20分から雑用を片づけて、メールチェックし2つほどの会議日程の決定連絡を予定表に組み込んでいて、はたと、今日、1コ9:30からあった!。いま9:29!、セーフ(徒歩1分)。まあ、こんな調子です。
◆まあ会議、幹部ではなくとも、多いですよね。挙げてみましょうか。これ会議ではないが、日本史の枠外としての博物館担当。次、全学。大学史運営委員(各研究科から1人)、別途、大学ミュージアム検討メンバー。文学研究科では地域連携委員(4人のうちの1人、今年度から2年)、文学研究科の定例委員会でない個別課題のWG、文化人材育成WG(当初から)、博学連携WG。今日の会議はこれ。この時、職員さんから、大学の地域貢献部署の会議のオブザーバーになれと言われる。「年何回ぐらいですか?」、「3回くらい」、「やります」。これでまたひとつ増えた。日本史では、教室代表教務委員。教室代表になった関係で、オープンキャンパス小委員会に出よと言われた。
◆で、先週の水曜日以降くらい、もろもろの会議や打ち合わせなど、大歴の委員会を含め、その時に決まったこととかを実行する(誰それに連絡するとか、転送するとか)、そんなことが滞って、累積していっている。処理しきれません!。仕事の仕方を変えなあかん。その日のうちに後始末が理想。とはいえ、もっとも喫緊のことを優先したり、研究とは言えずとも学術的なところは、ある時点で、その都度、いくところまで行っとかないといかん、ということもある。つまり、目先の重要度や研究みたいなものをできるだけ優先し、雑事をあとに、というスタイルを改め、雑事をまず一定片づけ、そのあとで自分の時間をキープする、という転換が必要かもしれません。『市大日本史』が、この金曜日までで決着すれば、当面の最優先課題がひとつクリアされたことになる。
◆4月27日〆切の書類が多いし・・・。ぶ~

兵庫県立歴史博物館

◆右のような雑誌を送っていただきました。文字は読んでいないが、薮田先生が館長になられ、兵 庫県の歴史に関する共同研究をやっていこうと組織を作り、そこでの成果を発表する雑誌を創刊し、これが第3号というのがほぼ理解できる。2008年頃、大歴の代表委員をやっていただき、その時からのおつきあい。関大のCOEを主導し、難波研究センターをしっかり作り上げたのも薮田先生(うちは完全に水をあけられているわけです)。尊敬しております。そしてまた歴博館長になり、そこでの地域研究を主導されているわけです。

大仙古墳は525m以上

◆という『書陵部紀要』の音波探査の結果が公表されたらしい。前は抜き刷りをもらっていたが、 最近はそれもないので、実は最新のものを見れてなかったりする。
◆525m、しめしめです。持論をどこでどう書いているかは記憶がないが、南朝尺360mの540mと前から言ってきた通り。これに大きく近づきました。下段が大きく崩れ、その流出封土が濠底に堆積しているので、さらに濠底は深くなり、その分、両側に墳端は長くなる。まあ、あたりでしょう。
◆もひとついうと、誉田御廟山の胴を引き延ばしたのが大仙なんぞという説もこれでなくなってほしいものです。

懇親会後の二次会

◆うちの院生、学生に加え、ミッチー、春のパン祭り、池口、中谷と、にぎやかにやりました。さ んざん呑んで、23:30。あまり記憶がありません。

で岡大へ

◆趣旨説明手前にすべりこむ。50周年記念館の方に行くが、やっておらず、法経棟でした。今回の大会各報告については、帰りの車の中で院生・学生らを話をした。いちいち書いている気力はまったくない。ごく概略的に。
◆関先生の講演でクンツゥルワシが出てきてびっくり、なるほどね、形成期の後半で、基壇が大きくなり、最古のキンピカをもった者を基壇に葬ることが始まった段階を示す遺跡だったんだ。大きな文脈のなかで位置付けてもらうとわかりやすい。ハワイの話はわからん。狩猟採集民の平和の話は面白かった.。狩猟採集民のなかにも、より豊かで階層分化している社会もあり、戦争も始まっているのかどうかなど、集団規模の問題など含め、興味がもたれる。次、銅鐸の話は・・・。相互的はそうなんでしょうが、そこをちゃんと時間をかけて持論をしっかり語ってほしかった。銅鐸文化圏(銅矛でも)の生産集団のいる側と、それを欲し獲得している側の優劣はない、ということが言いたいようです。それで、どう見直すべきか、という話がほしい。方筒大刀の話。まあ、さすがですね。双龍が7世紀前半までいくという、考古学雑誌の論文を読まないといけません。頭椎はどうなんでしょうね。物部系とするなら6末までということなんだろうが。そして瓦の話。
◆そのあと、尾上車山、古代吉備文化財センター、中山茶臼山を訪れ、16時には帰路につき、19時前に天王寺に到着した。

神宮寺山古墳

◆しばらく前に行ったような気持でいたが、現地に行くとまったく覚えていないので、行ってない かも。そうすると学生時代の大昔以来か。まあ、ガタガタである。神社はあるわ、墓もある。家が建ちこみ、なかなか墳端なども捉えがたい。後円部に立つと、後円部の裾位置の1軒を取り壊していた。新たに新築住居が建つのだとすると、影響はないかもしれないが、文化財側の費用で確認調査をしてはどうか。墳裾が出てきますよ、これ。

キンクラ

◆きんくら。車で上まで行ける。東側の造り出しが通路付きと判明したそ うな。宝塚と同じく五社 神型ぴったりですよ。ほとんど築造時期は同じでしょう。
◆岡山って、150mクラスがゴロゴロある。

◆これだけ古墳がある。前方後円墳が両宮山、廻る山、小山、朱千駄、帆立の和田茶臼と森山、これらをどう配列し、全体をどうとらえ、そして歴史を見出していけるのだろうか。資料館でシンポの記録集があったが、中身をぱらぱら見たらよかった。両宮山が未完というだけでなく、古墳群としてどうとらえられているのか、という問題です。たぶん両宮山→朱千駄→小山→廻り山なんでしょうね。帆立2はどこの来るのか。難問ながら、こういうのは突き詰め突き詰め、配列することで道を開くしかないし、それで筋が見えてくるもんです。

プラグイン

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
9 11 12 14
15 16 17 18 20 21
23 26 27 28
29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
雲楽
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/03/22
職業:
大学教員
自己紹介:
兵庫県加古川市生まれ。高校時代に考古学を志す。京都大学に学び、その後、奈良国立文化財研究所勤務。文化庁記念物課を経て、現在、大阪の大学教員やってます。血液型A型。大阪府柏原市在住。

バーコード

ブログ内検索