人を幸せにする人になろう

2018年3月25日、加古川に戻る

◆朝から移動。10時に着き、飾磨のムサシというホームセンターに出かける。その2回にアークオア シスという画材屋があり、父の誕生日プレゼントほかを買う。そのあと姫路港に行き、2年半前に一度行った姫路みなとニュージアムへ行く(小豆島で石切り場のシンポに行った時のことです)。
◆銀の馬車道は日本遺産となり、江戸時代の飾磨港の模型が新たにできていました(写真)。1980年代頃のどなたかの絵、あるいは明治以来の古写真、これらの現在を示す企画展が行われていました(常設?)。軽いボードにL字金具で脚を付け、相互に連結した、手作り感満載の展示だったが、これがよい。軽いので自立してはいるが不安定、普通の展示では×なのでしょう。ボードの上辺と天井をワイヤーでつなげば十分でしょう。
◆そのあと、飾磨港の昔の港町界隈を通るが、道が細く、限られた範囲しかざっと見れませんでした。ほんとは車を止めて歩かないといけません。
◆そのあと妻鹿漁港(白浜)の海鮮飯屋で食事、15時に自宅に戻る。姉夫婦や妹もやってきて、父親の86歳の誕生会を行う。4月6日はまた検査があり、11日には検査結果の話があるそうです(心臓の問題)。

プラグイン

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
5 11
17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
雲楽
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/03/22
職業:
大学教員
自己紹介:
兵庫県加古川市生まれ。高校時代に考古学を志す。京都大学に学び、その後、奈良国立文化財研究所勤務。文化庁記念物課を経て、現在、大阪の大学教員やってます。血液型A型。大阪府柏原市在住。

バーコード

ブログ内検索