人を幸せにする人になろう

京大滝川事件

◆松本清張の『昭和史発掘』がころがっていたので、寝る際にパラパラ。天皇機関説のところ を読 んでいた。朝起きて、京大滝川事件のところをよんでいると、岩波茂雄の言葉があり、昨日やっていたこととつながる。
◆もとより国家権力、文部大臣の京大法学部つぶしと、コトのレベルは大きく違う。しかし言い換えてみよう。
◆学者の真理に対する態度はあくまで厳粛でなくてはならない。眼前を「仁徳天皇陵古墳」として糊塗することは政治家の常であるが、学者のすべきことではない。遺跡の名称としてどうするのがよいのか、根本に眼を向け、大仙古墳の被葬者が誰なのか、仁徳大王の墓と言えるのか、正邪を明らかにして、あくまでも良心的に行動すべきである。
◆と言い換えられる。ちゃんと話をしてはどうか、というだけなのであるが。とはいえ、それも簡単ではないということも理解できる。なかなかやっかいなことです。

プラグイン

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
3 4 5 6 8
13 14
17 19 20
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
雲楽
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/03/22
職業:
大学教員
自己紹介:
兵庫県加古川市生まれ。高校時代に考古学を志す。京都大学に学び、その後、奈良国立文化財研究所勤務。文化庁記念物課を経て、現在、大阪の大学教員やってます。血液型A型。大阪府柏原市在住。

バーコード

ブログ内検索