人を幸せにする人になろう

大学史の通史

◆大学史資料室の入り口右側の長い壁を、通史のパネル展示としようと考えています。年表はいち おう下に配置しつつも、目線のところには、とりあげるべきもろもろ、学園紛争もそうだろうし、そういうのを散りばめていくイメージ。プラス上の方にはキャンパスの写真を置いていくという案。
◆年史類で、取り上げるべきことがらの候補を上げていくのが次の課題。できれば実習生を担当に割り振って夏休みに少し調べてもらい、10月にスタートダッシュをかけたいとは思うが・・・。ちなみに、ハードカバーの『百年史』、125年の『写真集』があるのだが、近年では、もっとコンパクトにした冊子(とはいえ180頁ある)が作成され、これ入学者全員に配布しているのです。既に2回の改訂がなされ、写真は最新のもの。こんなことやってるところもほとんどないわな(学生が読まないにしても)。なので、これで、ざっと洗い出し、ということになる。鞄に入れて持ち歩きますか。

プラグイン

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 11 12
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
前方後円墳が好き
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/03/22
職業:
大学教員
自己紹介:
兵庫県加古川市生まれ。高校時代に考古学を志す。京都大学に学び、その後、奈良国立文化財研究所勤務。文化庁記念物課を経て、現在、大阪の大学教員やってます。血液型A型。大阪府柏原市在住。

バーコード

ブログ内検索