人を幸せにする人になろう

翌日は研究会の最後、そして打ち上げ

◆月曜日、やや前夜の酒が残る状態でしたが、授業の最終週が始まる。午前の院演習、午後の、考 古の研究会をやって、後期の月曜日はこれにて終了。そのあと、考古のメンバー(D3が1名、M2が1名、M1が1名、4回生が1名、3回生が2名)で、春までの予定について打ち合わせをする。3月にある測量を考えており、前からおよその日程も含めて予告してありましたが、実際にはこっちが具体の段取りについてまったく動けておりません。今週、水曜日に授業が完全に終わってからにならざるをえない。
◆で、先々週の修論提出、先週の卒論提出、その打ち上げを杉本町駅前でやりました。ご苦労さん。ぼちぼち読み始めております。
◆実は、Jムークの提出がこの月曜日で、最後の詰めで、やらなければならないことを金曜日の会議で打ち合わせていたのですが、土日がまったくうごけず、総まとめのS先生にたいへん迷惑をかけてしまっておりました。月曜日の午前中がリミットだったので、最後の宿題だったものを点検し、ぎりぎり最低のことはした。どうもすみませんでした。
◆そんなんで、22日月曜日は早めに家に帰り眠り、週末からの疲労はやや回復した。

プラグイン

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
2 3
5 6 9 10
11 17
20 23 24
25 26 27 28

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
雲楽
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/03/22
職業:
大学教員
自己紹介:
兵庫県加古川市生まれ。高校時代に考古学を志す。京都大学に学び、その後、奈良国立文化財研究所勤務。文化庁記念物課を経て、現在、大阪の大学教員やってます。血液型A型。大阪府柏原市在住。

バーコード

ブログ内検索