人を幸せにする人になろう

久津川サウンディング

◆6月22日 城陽市担当者、長友、園原、吉村、山崎
◆今回も反省点は多いが、なんとか初期の目的は達したか。陸橋の幅はそう広がりませでした。藤井寺市のみなさんが見学に来られました。
◆それにもとづき調査区を考えてみました(これもやりすぎなんでしょうね。事業の性格上、こっちがすることではないので)。我が国を代表する史跡というものについて、いかに効率的に調査するかを真摯に考え、時間と労力をかけて作業をしているんですけど、報われることはないし(聞くのは文句のみ)、委員として聞かれたらアドバイスするという態度に徹して、降りてしまいましょうかね。一緒にやっているつもりなのに、大学人は控えろといわれりゃ、もうええわ、と。
◆次は大歴の、大会の始末と引継ぎの残ったものを。

プラグイン

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
4 5 7 9 10
11 14 15 16 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
雲楽
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/03/22
職業:
大学教員
自己紹介:
兵庫県加古川市生まれ。高校時代に考古学を志す。京都大学に学び、その後、奈良国立文化財研究所勤務。文化庁記念物課を経て、現在、大阪の大学教員やってます。血液型A型。大阪府柏原市在住。

バーコード

ブログ内検索