人を幸せにする人になろう

大仙古墳は525m以上

◆という『書陵部紀要』の音波探査の結果が公表されたらしい。前は抜き刷りをもらっていたが、 最近はそれもないので、実は最新のものを見れてなかったりする。
◆525m、しめしめです。持論をどこでどう書いているかは記憶がないが、南朝尺360mの540mと前から言ってきた通り。これに大きく近づきました。下段が大きく崩れ、その流出封土が濠底に堆積しているので、さらに濠底は深くなり、その分、両側に墳端は長くなる。まあ、あたりでしょう。
◆もひとついうと、誉田御廟山の胴を引き延ばしたのが大仙なんぞという説もこれでなくなってほしいものです。

プラグイン

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6
7 8 9 10 12 13
14 15 16 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
雲楽
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/03/22
職業:
大学教員
自己紹介:
兵庫県加古川市生まれ。高校時代に考古学を志す。京都大学に学び、その後、奈良国立文化財研究所勤務。文化庁記念物課を経て、現在、大阪の大学教員やってます。血液型A型。大阪府柏原市在住。

バーコード

ブログ内検索