人を幸せにする人になろう

西陵のトレース

◆院生がひととおりやった。等高線はぜんぶヒゲを引っ張るべし、カチッはダメ。適度に間隔を空けて、つまり密でも疎でも困る。折れ部や穴ぼこのところなど、細かい芸当もできるだけ少ない点で実現した方がよい。測点があるのに、平気でそれを逸脱するのもやめてくれ。上下の等高線をみながら、間を引くべし。古墳の等高線です、人工物をカチカチなぞるのではない。原図を見て、おかしいところもあるはず。
◆まあ、教育ですが、直していくのも大変です。なぞりながら考えるところは?。測量の仕方そのもの、古墳の等高線のあり方、原図をいかに仕上げるか、ということ。

プラグイン

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
5 11
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
雲楽
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/03/22
職業:
大学教員
自己紹介:
兵庫県加古川市生まれ。高校時代に考古学を志す。京都大学に学び、その後、奈良国立文化財研究所勤務。文化庁記念物課を経て、現在、大阪の大学教員やってます。血液型A型。大阪府柏原市在住。

バーコード

ブログ内検索