人を幸せにする人になろう

2018ゼミ旅行若狭丹後(4)金ヶ崎城のふもと

◆そのあと、敦賀港のあった市街地東部にあり海に飛び出す丘陵先端にある金ヶ崎城に立ち寄りに 行く。南北朝期では新田義貞がここに入ったのだとか。戦国期には朝倉が入り、織田軍が攻め、浅井が寝返って織田軍を攻め、信長が辛くも逃げのびた、という局面が著名のよう。国史跡になっているらしい。城郭遺構がどれくらい残っているのか知らないが、この上ということで、城攻めはせず。
◆その登り口のところに、近代のランプ小屋というのがあった。中
った明治40年ごろの写真。貨物船がここまでのび、船の荷物を積みかいたわけです。

プラグイン

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
9 11 12 14
15 16 17 18 20 21
23 26 27 28
29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
雲楽
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/03/22
職業:
大学教員
自己紹介:
兵庫県加古川市生まれ。高校時代に考古学を志す。京都大学に学び、その後、奈良国立文化財研究所勤務。文化庁記念物課を経て、現在、大阪の大学教員やってます。血液型A型。大阪府柏原市在住。

バーコード

ブログ内検索