人を幸せにする人になろう

なかなかうまくはいかないが目処を

◆この数日来、フォトスキャンがうまくいかず悩んでおります。こういうことからほんとは解放されたい。分業したいわけです。が、まずもって自分として技術を確立したい。14日の撮影画像はなかなかよく撮れていて、もう3D化はしたが、北への拡張、礫面の精査が入り、変わってきたので、写真撮影に続き、改めてフォトスキャン用の写真を撮ったが、これがうまくいかなかった。
◆目的にそって、調査区全域と葺石を分けて撮影しており(これ自身、そうでない方がいいのかもしれません。経験値でやってます)、できるだけ写真の枚数を減らそうとしたわけだが、不足してしまった。これもまた経験。1回目の撮影が適正くらいと思い知る。現場は全体撮影くらいでないとシートを全開していないので、昨日、葺石用の分として一部シートをめくり追加撮影をした。数が多ければいいというわけでまったくないが、十分な枚数を撮れる機会にしておくべきと学ぶ。前回の感覚が適当で、2回目ははしょりすぎ・・・。
◆ということで実測にもっていかないといけないので、この土日でなんとか目処をと思って、いま作業しています。全景用の画像の不足は、変化のない前回分の画像も使ってやり直している。それと葺石用は、昨日の追加写真と、こないだの撮影の時に、フォトスキャン用でなく報告書用として撮った地上写真も選択して加えて、いま2台でやっております。うまくいきますかどうか。

プラグイン

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 11 12
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
前方後円墳が好き
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/03/22
職業:
大学教員
自己紹介:
兵庫県加古川市生まれ。高校時代に考古学を志す。京都大学に学び、その後、奈良国立文化財研究所勤務。文化庁記念物課を経て、現在、大阪の大学教員やってます。血液型A型。大阪府柏原市在住。

バーコード

ブログ内検索